我が家の水のトラブルはトイレのつなぎ目の部分でした。古い実家のトイレですが給水をするパイプのつなぎ目の部分にゆるみがあるようで水漏れをするようになりました。

最初のうちは少なかったのですが、次第にもれる量が増えてきたので自分でねじを締めてみました。それでもしっかりと止まることがなかったので水道工事掲示板で見つけた工務店さんに修理を依頼しました。

結果的にはパイプの中のゴムパッキンが緩んでいたので水が漏れているということだったのですが、既に製品そのものが販売をされていなかったのと今後のことを考えてつなぎ目のないタイプのホースに交換をしてもらいました。

ウォシュレットを付けても対応をすることができるように発展をすることができるタイプの水道管にしてもらいました。

業者の人の話だと給水管のようなものは常に水にさらされているので30年ぐらいたつとさびやゴミなどがつまって水漏れをしやすくなるそうです。定期的なメンテナンスが大切なようです。

お風呂の排水がずいぶん遅くなっていることに気がついたのは、お風呂の洗い場で夏物の肌掛布団を洗っている時でした。

蛇口から水を流しながら、洗剤を洗い流していたところ洗い場がまるでプールのように水が溜まってきて、もうすこしで脱衣所まであふれ出るところでした。排水溝にゴミや髪の毛がたまって排水口をふさいでいるということはありません。

排水管に原因があるのではと思い、近所の業者さんに出張をお願いしました。

業者さんはロープ状にになったスチールの細い管を排水口に差し入れて、排水管に通していました。そのうちボコボコと音がしたと思うと、排水口から汚れた水と一緒に大量の砂が吹き出してきました。この砂が排水管をふさいでいる原因でした。

なぜ?なぜ、マンションの4階のお風呂の排水管に砂があるの? 理由がわからずポカンとしている私に、業者さんは言いました。

「お宅では泥のついた部活のユニフォームを洗ったり、ご主人の作業服を洗ったりしていますか?」
「いいえ我が家は子供はいませんし、主人もエンジニアではありませんの作業服は着ていません。」
「おかしいですねぇ。こういったことはたまにある事で、洗濯機の排水とお風呂の排水が同じ管に流れるので、洗濯の泥汚れの排水が管を詰まらせてお風呂に逆流することがあるのですよ。」

我が家が引っ越してから半年なので、多分、前の入居者さんの洗濯が今になって影響しているのでしょう。
家計には痛い作業費用でしたが、素人にはわからなかったマンションの排水のシステムを教わりましたので、それ以降は、こまめにスッポンを使って排水口の掃除をしています。

最近は少なくなってきたようですが築15年以上の家の場合、庭木の根が排水溝に入り込んでつまってしまうことがあります。

一度、根が入ってしまうと3年ほどでおなじような状態になってしまいます。汚水なので業者に依頼する人も多いかもしれませんが、1年に1回だけ手入れをすれば詰まることはありません。作業もそれほど手間がかからずに行えます。

まず道具を準備します。ゴム手袋、日曜大工で使うバール、庭木の剪定に使う柄の長いハサミ、そして直径2cmくらいの園芸用の支柱と散水用のシャワー栓です。

どれもあありあわせのもので充分です。掃除を行うのは冬の寒い朝です。気温が低ければ匂いも少ないので作業が楽です。手順は簡単です。まずバールで汚水溝の蓋を外します。

万一、汚水が溜まっている時は園芸用の支柱で排水します。ひどい時は何回も上下させないといけないかもしれませんが諦めないで繰り返します。排水出来たら散水シャワーで洗います。家庭用の高圧洗浄機を使えば効率的ですが、なくても大丈夫です。

詰まりの原因は根が入り込んでいることがほとんどですので剪定用のハサミで切り取ります。この時に切った根を取り出すことが重要です。

トイレの水を流して詰まりが解消ことを確認し汚水蓋を戻して終わりです。毎年、行っていると入り込んだ根は細いものばかりなので作業は非常に楽です。最近は多額の費用を請求する悪徳業者もあるようですから、自分でできることは自分で行うと快適な生活ができます。

去年に比べ水道料金が上がっているのでおかしいなとは思っていました。

そんな時、水道局の方に「不在なのにメーターが回っています。

どこか水漏れしている可能性が高いので調べてみて下さい」と言われました。とはいえ狭い一軒家のこと、目に見える水漏れ箇所に心当たりはありません。首をひねりながら水回りをくまなく点検しましたがどうしても発見できず、結局知り合いの水道屋さんに点検をお願いしました。

さすがプロ、時間もかけず突き止めて下さった水漏れ個所は、お風呂の湯沸し装置からの水道管。コンクリートの下に埋まっており素人では絶対にわからないところでした。

さっそく修理を頼み、半日かけて直していただきました。みえない部分でも故障していると気持ちが悪いものです。今後ムダな料金をとられることもなくなると思うと気分的に大変スッキリしました。

良かったのはそれだけではありません。そのことを業者から水道局へ申請していただいた結果、料金が一部返納されてきたのです。わずかなお金ですが大変ありがたく思いました。「痛みわけということで、前年の同月の金額と今年の金額との差額分を、半分ずつだしましょう」との水道局も粋なはからいに感謝感激です。

私は自分の体はとても大事にしていて体に関しては清潔好きです。

そのためトイレットペーパーをよく使います。毎回きれいに使わなければ気が済みません。そのおかげでよく詰まります。いつも詰まるからまたやってしまったと思います。

そんなときどうするかというと自分で直します。どうやって直すかというと便器をきれいにするタワシのようなものがあります。

手で持つところが棒になっているのでそれをトイレの便器の水が流れていく奥に突っ込みます。これを強く突っ込んだり回したりすることでいつも解消します。詰まっている出入り口を流れやすくすると詰まるのが直り、今まで全て自分で直してきました。しかし大抵詰まらせるのも自分だから直すのも試しにタワシ棒でやってみたところきれいになったからよく回してきれいにしています。

トイレは水が詰まりやすいところなので普段から気をつけていますが、どうしても詰まります。詰まっているときはあまり水を流さないで水の加減の様子を見ながら突っ込むと詰まりが取れやすくなります。